矯正歯科

無料相談
無料カウンセリング

院長について院内のご案内ご予約矯正歯科

子供の矯正

子供の頃の指しゃぶりや鼻炎などによる口呼吸、また、出っ歯や受け口などの不正咬合は、顎の骨の成長、さらにはお顔つきに悪い影響を及ぼすことがあります。7歳までに、不正咬合の兆候や原因となる癖がないかどうかのチェックを矯正専門医に受けることをお勧めします。


早期に治療を始める5つのメリット

2

永久歯を抜かない矯正できる可能性が
高まります

永久歯がはえるスペースが足りない場合、奥歯を後ろに移動させたり、顎の横や前への成長を促すことによりスペースが出来ることがあります。早期治療により将来的に永久歯を抜歯せずに本格矯正(ワイヤーによる矯正)ができる可能性が高くなります。
1

顎の成長のバランスを整え、
美しい顔立ちに導く

矯正治療を希望する患者さんの悩みには、歯並びの見た目の問題があります。
歯並びが悪いことで、口元や歯並びを絶えず気にしながら笑うなど、心理的にコンプレックスになっていませんか?
もし、歯並びの悪さがコンプレックスになっているのであればご相談下さい。治療をうけることにより美しい歯並びと口元に変わります。

4

コンプレックスを取り除き健やかな
精神発育を促します

出っ歯や受け口がコンプレックスとなり内向的な性格になる場合があります。小児矯正で可能な限り前歯の状態を改善して健やかな精神発育を促します。
3

お口の本来の機能を取り戻します

指しゃぶりや舌癖は、歯並びだけではなく発音や食べ物の食べ方・飲み方に大きく影響を及ぼします。また、普段お口をだらしなくあけている癖を引き起こしてしまいます。早期に癖を改善するとともにお口の周りの筋肉や舌の動きのトレーニングをして正しい筋肉の動きの習得を目指します。

5

早めの対処で永久歯での矯正期間が短くなります

顎の成長のコントロールをしたり、永久歯を正しい位置に生えるように導くことにより永久歯列になってから行う本格矯正が簡単で期間が短くなったり、必要なくなる場合があります。

子供の歯並びタイプと治療

2

八重歯や前歯がデコボコしている (叢生)

顎の大きさと歯の大きさのアンバランスや乳歯が虫歯などで早く抜けてしまうことにより生じます。顎の成長を促したり、奥歯を後ろに移動させて永久歯のはえるスペースをつくり、なるべく永久歯を抜かない矯正治療を目指していきます。
1

受け口(反対咬合、下顎前突)

下の前歯が上の前歯よりつき出ている状態をいいます。
全ての歯が永久歯になるまでそのままにしておくと歯並びだけではなくお顔つきに悪い影響を与えてしまいます。前歯の咬み合わせを早期に改善してお顔や顎の成長のバランスを整えます。

4

上と下の前歯が噛み合わない

指しゃぶりや舌を出す癖(舌癖)などが原因で起こります。食べ方や飲み方、言語の発音に悪い影響を及ぼすなどお口の機能に大きな影響を与えます。早期に悪い癖を改善し、舌やお口の筋肉のトレーニング(MFT)で正しい機能の獲得をめざします。
3

出っ歯(上顎前突)

出っ歯の子供は、歯並びの良い子供より前歯を折ったり、怪我をする危険性が2〜3倍高いといわれています。また、心理的なコンプレックスになることも少なくありません。上と下の顎の成長をコントロールし、可能な限り前歯の突出を改善します。

5

下顎が横にずれている(交叉咬合)

上と下の顎の横幅の成長のアンバランスや頬杖、噛み癖などによりおこります。年齢とともに顎やお顔が左右非対称に成長してしまうため、早めの矯正治療が重要になってきます。

神戸,東灘区,西宮,芦屋にある非抜歯矯正にこだわりをもった矯正歯科。『歯を抜かない矯正COM』

Copyright(c) 2005 yuma-dental-clinic