矯正歯科

無料相談
無料カウンセリング

院長について院内のご案内ご予約矯正歯科

歯周疾患と矯正治療

磨き残しがないように丁寧に歯を磨くには、正常の歯並びの患者さんよりも時間がかかります。
不正な歯並びは、歯周疾患を増悪する因子になります。歯が重なっていたり傾いていると、歯周病の原因となるプラーク(細菌のかたまり)が歯に付着しやすくなるからです。
  矯正治療をされる方は、歯肉に炎症を引き起こす原因であるプラークを、歯に付着をさせないようにコントロールすることが大切です。しかし、歯並びが悪くて重なっていたりすれば、通常のブラッシングだけで完全に汚れを落とすのは困難です。歯並びの悪いデコボコした部分の歯の汚れも、ブラッシングだけで完全に落とすのは大変です。歯ブラシだけでは完全に落ちないので、どうしてもデンタルフロス、歯間ブラシなどの補助道具が必要になります。
 そして、磨き残しがないように丁寧に歯を磨くには、正常の歯並びの患者さんよりも時間がかかります。
  このように、歯列不正は歯周疾患を増悪させる因子になります。歯列不正はプラークコントロールも不十分になり、歯周病だけでなくむし歯になるリスクも高まります。歯周病の治療とともに、矯正治療により歯並びを改善して、正しい生理的環境を整えることで、局所的原因を取り除かなければなりません。
  不正な歯並びは、歯周組織にもう一つの問題を起こします。歯は食べ物を粉砕する際、強い力が加わり、その咬む力は歯を支える歯周組織に支えられています。歯が傾いていれば、歯周組織に無理な力が加わり、歯周組織が壊れていきます。
  このような歯周組織に破壊的に作用する咬む力を「咬合性外傷」といいます。歯の位置異常や歯軸の傾斜異常などの歯列不正があ
ると、咬む力や唇・舌などの余計な力が歯に加わることで、歯周組織が破壊され、さらに歯が移動して審美性が障害されたりすることもあります。

神戸,東灘区,西宮,芦屋にある非抜歯矯正にこだわりをもった矯正歯科。『歯を抜かない矯正COM』

Copyright(c) 2005 yuma-dental-clinic