矯正歯科

無料相談
無料カウンセリング

院長について院内のご案内ご予約矯正歯科

不正歯列の種類

生える位置の不正


交叉咬合
上下の歯並びが一か所で交わっている噛み合わせを交叉咬合(こうさこうごう)といいます。交叉咬合には、下顎が左右のどちらかに偏っているケースと、上顎が外側(頬側)もしくは内側(舌側)のどちらかに偏っているケースがあります。 正常な噛みあわせでは奥歯でものを噛むと、上の前歯と下の前歯の中心(正中線)が一致して噛み合いますが、交叉咬合が片側におこるとこの正中線が一致しません。

下顎の叢生(八重歯、凸凹、乱杭歯)
上顎の歯が重なり合って生えている状態を叢生(そうせい)といいます。八重歯や凸凹の歯並びのことです。犬歯が飛び出していることが多く、普通は犬歯のひとつ後ろの歯(第一小臼歯)を抜いて矯正します。原因としては、歯が非常に大きいか、顎(あご)が小さいことなどが、考えられます。こういう歯並びの方は、歯みがきが非常にしずらい為、虫歯や歯周病になりやすいです。

上顎の叢生(八重歯、凸凹、乱杭歯)
上顎の歯が重なり合って生えている状態を叢生(そうせい)といいます。八重歯や凸凹の歯並びのことです。犬歯が飛び出していることが多く、普通は犬歯のひとつ後ろの歯(第一小臼歯)を抜いて矯正します。原因としては、歯が非常に大きいか、顎(あご)が小さいことなどが、考えられます。こういう歯並びの方は、歯みがきが非常にしずらい為、虫歯や歯周病になりやすいです。

反対咬合
上の前歯と下の前歯が反対の噛み合わせになった状態。遺伝、口唇裂(こうしんれつ)・口蓋裂(こうがいれつ)、内分泌疾患などの病気や、舌の位置・大きさ、悪い癖が長く続いた場合など原因となります。噛み合わせが反対になっているために噛む力が弱くなったり、サ行やタ行などが発音しづらくなることがあります。また、下あごが前に出ているなどの外観上の問題から心理面に悪影響を及ぼすこともあります。


下顎の後退


過蓋咬合
上下の歯を咬み合わせた時に、下の前歯が見えないくらい上の歯が深くかぶさってしまう咬み合わせをいいます。

下顎前突(受け口)
下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせのことで、下顎前突(かがくぜんとつ)といいます。うけ口は、下顎が大きすぎるか、上顎が小さいことが原因で、また内分泌系の病気が関係していることがあります。軽度の場合は、抜歯をせずに簡単に治療する方法もありますが、症状の目立つ方は、手術によって治療することも可能です。

開咬
奥歯で咬んでも前歯は咬んでおらず、上手く咬めない、また口が閉じにくい状態を開咬(かいこう)といいます。おいしいステーキを食べても、前歯でお肉が咬みきれません。舌癖(舌を咬んだり食物を飲み込む時に舌がでる)や、指しゃぶりなどの癖、呼吸器系の病気が原因です。このような場合、骨格的に問題があるケースが多々あります。奥歯(小臼歯)を抜いて治療する事が多いです。また、M.F.Tという顔の筋肉のトレーニングをおこなうこともあります。

上顎前突(出っ歯)
上の歯が前に出ている噛み合わせのことをいいます。上顎前突(じょうがくぜんとつ)と言います。上の前歯が飛び出ていて、口が閉じにくかったり、笑うと上の歯ぐきが出てしまうことが多いようです。上の歯が出ていると、咬み合わせが深くなり、下の前歯が見えなくなって、顎のぐあいが悪くなる場合もあります。前歯が出ているため、歯ぐきが乾いて歯周病にもなりかねません。上顎が大きいか、下顎が小さいことは、呼吸器系の病気の原因にもなります。子供の頃からの早めの治療をお勧めします。

正中離開(すきっ歯・空隙歯列)
すきっ歯または空隙歯列などと言われ歯と歯の間があいていて、食べ物がはさまったり、前歯のすき間が目立ってしまう、といったような悩みがあげられます。顎(あご)の大きさに対して、歯のサイズが小さいことや、先天的に歯の本数が足りないことなどが、原因にあげられます。また、そのすき間に無意識のうちに、舌を押し付けたりしていると、症状が悪化することがあります。すき間がとても多い場合や、歯がとても小さい場合には、人工の歯を用いる治療を行います。


神戸,東灘区,西宮,芦屋にある非抜歯矯正にこだわりをもった矯正歯科。『歯を抜かない矯正COM』

Copyright(c) 2005 yuma-dental-clinic